模試の活用方法|医学部を狙うのであれば特化した予備校選びが重要!

医学部を狙うのであれば特化した予備校選びが重要!

模試の活用方法

聴診器

予備校の模試はうまく活用してください。
できる限りいろいろな予備校の模試を受けるべきです。
浪人生にとって、今の実力を測るべく模試を受けることはとても大切なことです。そしてその模試は現状のレベル、課題を明確にしてくれます。
その課題などを明確にする上でも模試の数は極力多いほうがいいというわけです。

例えば自分の行っている予備校以外でも必ず模試はやっております。
費用はかかりますがよその予備校の模試を受けるのです。
よその予備校の模試を受けることで自分のレベルと課題を更に追求できるというメリットに加え、本番の試験でも十分役に立つ可能性があるからです。

予備校によってはこの科目はここの予備校が強く、別の科目は別の予備校が強いなど、科目によって予備校の良し悪しがあります。
例えば数学はAという予備校の問題が良い、英語はB,Cの予備校の問題が良いなど、科目によってばらけていることがあるのです。
その科目ごとの特徴と自分の課題を明確化するためにも、自分の通っている予備校の模試だけでなく、他の予備校の模試も受けることが重要となってきます。

ただし、費用がかかるということも認識しておくことが大切です。
予備校の費用はとても高く、親の負担もばかになりません。
そのため、費用をかけずに自分の弱い科目だけ他の予備校の模試を受けるということもできます。
とにかく本番の試験までに自分の弱い部分を明確にしてつぶすことが大切です。

そして、一年間の成果を一気に吐き出し、大学生としての有意義な時間を過ごしてください。